更年期による眠い、だるい、症状や卵巣の腫れなどについて

スポンサーリンク

更年期として、様々な病気を起こすものがあります。
それが更年期障害というものです。
ではこの更年期障害という物がいったいどういったものなのかせつめいをしたいと思います。
この病気というのは、大なり小なり誰もが症状を表すものなのですが、特に女性に多く症状が出ることで知られています。
女性の場合、だいたい50歳の前後に閉経をします。
この時に女性ホルモンのひとつで、エストロゲンが低下することで、発症が起こります。
病院の検査などで、更年期障害と診断される方は更年期に差し掛かったかたの約3割ほどの女性になります。
主な症状としては、心の不調(うつ、情緒不安定)といった症状が表れます。
男性の場合でも、40歳を超えたあたりから、年齢や、社会や普段の生活のなかでのストレスが関係していると言われており、男性ホルモンのテストステロンという物質が低下して発生すると言われています。
女性ですと、「自律神経失調症様の症状、脈が速くなったり、動悸や血圧が激しく上下する、腹痛や微熱、ほてり、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠症、疲労を感じやすくなる、渇き、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、関節や筋肉の痛み、生理不順など」
数多くの症状があらわれます。

スポンサーリンク

精神的な症状としては、ヒステリーを極端にお越したり、情緒不安定やイライラが断続的にお越したり、抑うつといった症状が現れることも多いです。
続きまして男性の症状としては、精神的には、「抑うつ感、不安を感じやすくなったり、疲労をかんじやすくなったり、記憶力や集中力の低下」が見られます。
体の症状として、「発汗、ほてり、睡眠障害、関節痛や筋肉痛など女性と同じような症状」が起こりやすくなります。
主な治療方法については女性も男性も同じで、ホルモン治療がメインになってきます。
そのほかにも、東洋医学の漢方や最近では、プラセンタを取り入れた治療方法も取り入れられています。
治療として、更年期を迎えたことで、低下したホルモンを定期的に外部から取り入れるということになります。
種類としては、飲み薬や貼り薬として摂取、補充する形になります。
このホルモン治療は日本なみならず、世界中で取り入れられており、30年を超えてとりいれられており、実績と効果が出ております。
治療として、個人で出来ることは日常生活をもなおして、栄養バランスを整った生活を過ごすことと、運動を毎日取り入れることが重要になっております。
特に運動をすることで血行の改善が行われることありますが、体中の器官が活発に活動するので、運動を特に重点を置いて取り入れてみるといいと思います。

スポンサーリンク