甲状腺の旗働きとはどのようなものなの?

スポンサーリンク

更年期障害というと、ホルモンバランスの異常が引き起こしているというのは、皆さんも納得されているかと思いますが、ホルモンバランスによって引き起こされるものは、何も更年期障害だけとは限りません。
今回は、症状に類似性があり見落としがちになるものとして「甲状腺」というものについて説明をしてきたいと思います。
甲状腺と聞いてもあまりなじみがない方と多いかと思いますが、こちらは実は「ホルモン」をつくっている場所なんです!!
そのためこの甲状腺に異常が起こるということは体のバランスが崩れるということにつながります。
ではまずは甲状腺というものはどこにあるのでしょうか?
甲状腺という名前は知っているのだけど、その場所がどこにそんざいするのか知らないという方が結構多いんです!!
場所なのですが、簡単に説明をすると首元になるのですが、おおよその位置としては、喉ぼとけの下の部分になります。
男性などは喉ぼとけに特徴があるのでわかりやすいですが、女性だと喉ぼとけがあまり目立たないという方もいます。

スポンサーリンク

大体の大きさですが、4センチ程度になるといわれています。
まるで蝶が羽を広げているような形をしています。
そして、外側から、喉ぼとけ、気道、の順番になっており、喉、肺ともかかわりがあります。
では、この甲状腺のホルモンというものはどのようなものなのでしょうか?
甲状腺が製造しているホルモンのことを「甲状腺ホルモン」というのですが、まぁ、そのまんまの名称になりますが、これは「新陳代謝」をつかさどるホルモンといわれています。
そのため、甲状腺に異常が起こり、ホルモンの生産量が増加もしくは減少を起こすと症状が発生します。
この際には、甲状腺肥大という甲状腺が晴れるという症状が起こることが多いのですが、主に、食生活や、週刊そして悪性腫瘍により発症します。
さて、ホルモンの減少と増加についてですが、こちらが特に更年期障害と同じような症状が起こります。
また症状としては甲状腺ホルモンが多い場合には、
「動悸、汗が出る、呼吸が速い、脈がはやい、体がほてっている、熱っぽい、痩せていく」などになります。
逆にホルモンが少ない場合には
「脈が遅い、不整脈が起こる、寒気がする、少量の食事でも太りやすい」といった症状が起こります。
この症状については、ほんの一部だけで実際にはかなりの症状が存在します。
また手術により摘出することもあり、治療に関してはホルモン剤によりホルモン不足などを改善するということになります。
このように甲状腺というものは、体にさまざまな症状をもたらすため、違和感を感じた時点で早期に医療機関を利用するようにしてください。

スポンサーリンク

甲状腺は更年期障害と同じようなホルモンバランスです!記事一覧

甲状腺に起こる症状で一般的に有名なものといえば、甲状腺肥大ではないかと思います。首の喉ぼとけの下付近に存在している甲状腺ですが、甲状腺が腫れる症状で、病気が関わっていることが多くあります。また、その肥大化のしかたによって原因となる病気が異なっていきます。首に触った際に、腫れている部分が広範囲であり、なおかつ柔らかいという状態ですと、「バセドウ病」や「橋本病」という病気が疑われます。また、逆に腫れの...

甲状腺というのは、しばしば炎症を起こします。この際に、甲状腺というのは肥大化を起こし甲状腺肥大と呼ばれる状態になります。さて、この甲状腺肥大の原因となるものには種類があります。甲状腺には、新陳代謝をつかさどるホルモンを生成する役割があり、この異常と肥大により種類が分かれます。甲状腺機能亢進症この亢進症というものは、甲状腺ホルモンの生成量が多いというものです。そのため、常に体力を消費しているような状...

甲状腺の「はれ」や甲状腺肥大、甲状腺腺腫には種類があります。甲状腺の異常というものは、体にとって様々な症状を引き起こすことがわかっており、実際に新陳代謝をコントロールするための甲状腺ホルモンを生成しているという場所です。腫れることで自分自身でも触ってわかるのですが、実際にその状態が異常なのかどうかについてはなかなか素人目では判断をすることができません。人間ドックや検診を行った際に、腫れの症状が見つ...

甲状腺の病気というものは、女性に多くみられる疾患です。これは、更年期障害も同じなのですがホルモンバランスに関わる病気というものは女性に多く発生します。甲状腺というものは、首元にありますが、日常生活で触っていても違和感を感じるということはまずわからないと思います。甲状腺が肥大した時に初めて、わかりやすく認識ができるということがあります。甲状腺はホルモンを作っているのですが、「新陳代謝」をコントロール...

甲状腺が腫れるということは、甲状腺に異常が起こっているということが多いです。その異常の原因として考えられているものとして「ストレス」が存在しています。甲状腺の異常には、甲状腺ホルモンの生成量が多くなったり、少なくなったりと様々あり、それぞれが体に多くの深刻な症状を与えることになります。甲状腺ホルモンというものは、甲状腺が生成をしているのですが、これによって我々の体というのは、新陳代謝のコントロール...

甲状腺の異常に関しては、完全に原因というものが解明されていないということがあります。しかしながら、原因として考えらえるものというのは、いくつか存在します。今回は、そんな甲状腺の原因として考えられるものとして、「ストレス」について説明をしていきたいと思います。なぜストレスが原因になるのか?人間というものは感情があります。本能というものもありますが、人というものは、この感情に作用れることが多く、それに...

甲状腺の病気というものは、ほとんどが女性の患者さんのほうが多いといえる病気ですが、多いと言って男性が全く患者さんがいないかというと、そうではありません。特に「甲状腺機能亢進症」というものは、女性の割合が多いといわれております。さて今回は、この「甲状腺機能亢進症の男性の症状」について説明をしていきます。・どのような病気なのか?甲状腺というものは、新陳代謝の働きを調整する役割持っており、その調整として...

甲状腺の病気には、「橋本病」「バセドウ病」「甲状腺腫」とに分かれます。それぞれ、症状に特徴があり、同じ甲状腺病気でもまったく症状がことなります。今回はその中で、「甲状腺腫」について説明をしてきたいと思います。まず、甲状腺腫というものは細胞が自律的に増殖してできるものです。種類は大きく分けて、「良性腫瘍」と「甲状腺がん」とに分かれます。良性腫瘍は、ほとんどが「濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)」と言われるも...

甲状腺が腫れることを甲状腺腫大といいますが、さまざまな症状によって甲状腺の異常を知ることができます。まずは・喉もとの腫れ(首の付け根あたり)これは、わかりやすい特徴といえるのですが、なかなか首元を触るという機会も少ないということもあり、とらえづらいものかもしれません。甲状腺腫の良性しこりや乳頭がん、濾胞がんの場合に、甲状腺の腫れの症状以外で自覚症状としてとらえることが困難だといわれています。実際に...

更年期障害と似たような症状があるものとして、甲状腺が原因の病気があります。こちらもモルモンバランスの崩れが原因により症状がおこるのでうすが、こちらの場合は症状が落ち着くということがあまりありません。甲状腺の状態がもとに戻れは話は、かわりますが基本的に放置すると症状が悪化することが多いです。そして、病院選択も更年期障害とは異なります。更年期障害の場合には、「産婦人科」「泌尿器科」などの選択になります...

甲状腺腫大というと、甲状腺の腫れの症状ですが、今回はこの「甲状腺の腫れの原因」について説明をしてきたいと思います。甲状腺腫大についてですが、実のところ原因というものは、ほとんど解明されていないといえます。自己免疫異常が原因とされておりこれによって、甲状腺ホルモンの生成が促進される「バセドウ病」や逆にホルモン量が減少する「橋本病」や甲状腺機能低下症というものになるといわれています。原因となるものは諸...

甲状腺が石灰化するということがあります。甲状腺が石灰化したときの症状や原因が気になります。甲状腺腫瘍という病気がありますが、これが石灰化することがあります。このときに考えられる原因としては、カルシウムとリンの過剰摂取となっています。しかし甲状腺腫瘍が石灰化するからといって、必ずしも甲状腺ガンということではありません。石灰化という症状がありますが、これは腫瘍が固くなるということです。したがって石灰化...

甲状腺というのは、喉ぼとけの下にある蝶々のような形をしたものです。甲状腺は、甲状腺ホルモンをつくる役割のある器官ですから、甲状腺機能低下症というのは、甲状腺ホルモンを生産する機能そのものが低下してしまう状態のことを指しています。甲状腺ホルモンは、新陳代謝を活発にするためのホルモンなので、甲状腺機能低下症になると、新陳代謝が低下してしまいます。新陳代謝というのは、エネルギーを作り出す機能とダイレクト...

甲状腺ホルモンは、体内に存在するホルモンの中でも重要な役割をしています。甲状腺ホルモンを増やすことによって脳内にある神経細胞に伝達し、考える力が生まれます。その他に運動をすると血行が良くなり、汗を掻きますが甲状腺ホルモンによって新陳代謝が良くなっているからです。甲状腺ホルモンの数が減少すると新陳代謝が悪くなり考える力が生まれません。だからといって無理に甲状腺ホルモンを増やせば良いという訳ではないで...

甲状腺という臓器があります。これは人間の喉の部分にある小さな器官のことで、代謝を促進するホルモンを分泌して体調を整えるときに非常に重要な役割を果たしています。この機能が高くなるというのがバセドウ病と呼ばれている病気となりなす。バセドウ病では動悸や汗をたくさんかくというような症状が現れるようになっています。またこの働きが低くなってしまうということもあります。その際にはむくみや倦怠感というような症状が...