更年期障害の治療とリーゼについて

スポンサーリンク

更年期障害とは、女性ホルモンの急激な低下に体が対応しきれず、様々な症状が出る病気です。
有名な症状は、ほてり・イライラ・不眠などですが、人によって様々です。
更年期障害には個人差があるため、さほど生活に支障のない人もいれば、治療が必要という人もいます。
軽度の場合は自分なりの方法で対処して様子をみて良いでしょうが、辛いようなら病院で診察を受けましょう。
治療薬は色々ありますが、減少した女性ホルモンを薬で補うという方法がよく行われます。
ホルモン剤に抵抗があったり、副作用などで使えないという場合は、漢方が処方されることもあります。
漢方での治療は、ホルモン療法より効果が出るまでに時間がかかることがあります。
漢方で症状を抑えながら、ホルモンが少ない状態に体を慣れさせていきます。
そのほか、安定剤が用いられることもあります。
イライラ・眠れないといった症状に効果があるため、更年期障害の治療には欠かせないお薬です。

スポンサーリンク

リーゼという安定剤は、更年期障害の治療でよく処方されます。
効果が高く副作用が少ないため、更年期障害だけでなく幅広い病気に使われます。
リーゼは不安や緊張をほぐす作用がメインですが、筋肉を和らげる作用もあるため、頭痛や肩こりにも使用されます。
不眠に用いることもあるため、睡眠薬と思われがちですが、リーゼはあくまでも安定剤です。
日中飲むこともできますし、もちろん寝る前だけ使用することもあります。
リーゼの飲み方は人により異なります。
毎日飲む場合もありますし、症状が強い時だけ頓服で用いる場合もあります。
用法用量は医師が症状をみて決めますので、指示された通りに服用しましょう。
リーゼは安全性の高い薬なので副作用はほとんどありませんが、よくあるのは眠気やふらつきです。
日常の運転程度なら問題ありませんが、仕事で長時間運転したり、機械の操作に従事してる人は注意しましょう。
リーゼを自己判断で急にやめると、反動で症状が重く感じる場合があります。
リーゼを中止したい場合は、医師の指示のもと減量して止めましょう。
更年期障害は必ずしも治療が必要なわけではありません。
うまくストレス発散したり、家族が理解して話を聞いてくれるだけで楽になることもあります。
もちろん症状が重い場合はきちんと治療を受けて、更年期障害の期間を乗り切りましょう。

スポンサーリンク