更年期に不正出血が長引く原因とは

スポンサーリンク

更年期障害では、様々な症状が見られますが、有名なものとしては、不正出血や生理不順などがあります。
しかし、不正出血が長引くと他の病気なのではないかと不安になるという人も多いのではないでしょうか。
もし、不正出血が長引き、腹痛や下腹部痛、腰痛などが見られる場合には、更年期障害以外の原因であることが考えられますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。
更年期障害で不正出血が起こるということは、異常なことではありません。
不正出血にも様々な原因がありますが、更年期障害が原因の場合の不正出血は更年期出血とも呼ばれているものであり、その原因としては、女性ホルモンの低下が考えられます。
卵巣から分泌される女性ホルモンが低下することにより、普段よりも不正出血がしやすい状態となります。
また、脳から分泌されるFSH、LHと呼ばれる性腺刺激ホルモンが低下するということも症状が現れる原因という事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

更年期障害で不正出血が長引く原因として、起こりやすい状態になるためという事が挙げられます。
しかし、一方では更年期障害時には、ホルモンバランスが極度に崩れることにより、腹痛があらわれ、長引くことがあります。
症状が長引く原因として考えられることとしては、ストレスがあります。
ストレスを長期にわたって感じている環境下では、様々な症状があらわれ、長引く可能性があります。
特に更年期は、普段よりも体調を崩しやすく、ストレスも溜まる傾向にありますので、自分なりのストレス解消法を見つけることが症状が長引くのを防ぐ方法ということが出来ます。
なお、症状が長引くという場合には、子宮系の病気である可能性もあります。
もし、特別な病気ではなかったとしても、それだけで不安を和らげることが出来ますし、症状が長引くことに対してのアドバイスを受けることが出来る場合もあります。
診療科を迷った場合には、婦人科に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク