片方の卵巣を摘出した場合の更年期への影響

スポンサーリンク

片方の卵巣を摘出している場合、女性ホルモンのバランスが崩れるなどの影響から更年期のような症状が出ることもあります。
個人差があるため、摘出後も正常な卵巣が一つは残っていることで特に健康状態には影響が出ない人もいたりします。
病気で片方の卵巣を摘出することになったら、すぐに決めずにほかの病院も受診するなどセカンドオピニオンしてみるのもありです。
複数の医者の意見を聞くと参考になりますが、卵巣を摘出しなくていいケースも出てきます。
担当医からもしっかりと説明してもらうことも大事ですが、基本的な知識を身につけたりと勉強しておくと役立ちます。
今は元気に過ごしていても、更年期に影響が出るリスクを気にしている時は体調管理に力をいれたりと対策することも好ましいです。
更年期に入ってからも影響を受けにくくなったりと健康を保ちやすいです。
術後も食事などの生活習慣にも気を遣えると肥満の予防にもつながったりと体型維持も難しくないです。

スポンサーリンク

過去に片方の卵巣を摘出しているため、今後の妊娠などへの影響を懸念している時は医療機関で相談してみるのもふさわしいです。
片方の卵巣を摘出していても、問題なく出産できることも珍しくないです。
残っている片方の卵巣の機能は問題なかったりと術後の経過も順調であれば、悪影響は出ないことも多くなります。
若い頃に片方の卵巣を摘出しているなら、定期検診を受けたりと身体の変化も気にかけることが望ましいです。
片方しか卵巣がない場合は、更年期の時期が通常よりも早まるなどの影響が出ることも少なくないです。
急に疲れやすくなったりと更年期特有の症状が見られたら、慌てずに冷静に対処してみることが大切です。
更年期障害で情緒不安定になったりと感情のコントロールができなくなった際は、リラックスできる環境を作ってみるのもそのストレスを解消しやすいです。
病院で更年期障害の治療を受けることも悪くないですが、重症化する確率も下がります。

スポンサーリンク