若年性更年期障害と男性更年期障害の治療方法

スポンサーリンク

40歳を過ぎた全ての女性に訪れる更年期障害ですが、不規則な生活が続く現代社会では、若い女性や働き盛りの男性にも、更年期障害と同じような症状が出る事があります。
20代から30代に起こる症状を若年性更年期障害と呼び、働き盛りの男性に起こる症状を男性更年期障害と呼びます。
若年性更年期障害は卵巣機能が十分に機能しているにも関わらず、ストレスや生活習慣の乱れ等が要因となって引き起こります。
男性更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンが加齢によって低下する事で起こります。
性欲の低下等の性機能関連症状や、心身のバランスの乱れを招きます。
男性更年期障害は40代以降に多く、60代や70代でも発症する可能性があり、女性よりも年齢層が広く長期化する傾向があります。
若年性更年期障害も男性更年期障害も、きちんとした方法で治療を受ければ症状を緩和できます。
治療方法は選択肢が豊富にあるため、ライフスタイルやニーズに合わせて選べます。

スポンサーリンク

若い女性が発症する若年性更年期障害は、長い人生を考えると早期発見と早期解決が大切です。
若年性更年期障害といっても更年期障害と似たような症状なので、ほてりやのぼせ、イライラや憂鬱な気分等が続くと、集中力が低下してやる気も起きなくなります。
若い年齢からこの状態では将来に影響を及ぼす可能性もあるため、若年性更年期障害だと診断された場合は、きちんとした機関で治療を受ける必要があります。
若年性更年期障害は女性外来や婦人科で相談しますが、男性更年期障害の場合は更年期外来や泌尿器科、心療内科を受診します。
どちらも治療方法は同じであり、ホルモン補充療法や漢方薬を用います。
更年期障害の治療は長期に及ぶため、計画を立てて慎重に行います。
治療方法が合わなければ違う方法をとり、様子を見ながら調整します。
ホルモン補充療法は即効性がありますが、漢方薬の効き目はゆっくりです。
効き目が遅い分、長時間の持続効果があるため、副作用を心配する事なく利用できます。
更年期障害は家庭環境や置かれている立場に左右されやすく、症状の進行状況も変わります。
その都度に合わせた治療方法を模索する必要があるため、信頼できる医師のもとで治療を受けると良いです。
治療方法が合致すれば、自律神経の乱れも正常に戻ります。

スポンサーリンク