蕁麻疹へのアレグラ効果や作用

スポンサーリンク

蕁麻疹には多くの原因があり、病院で血液検査をしても特定できないことは珍しくありません。
急に蕁麻疹がでて、すぐに消えるものは急性蕁麻疹、繰り返し続くものを慢性蕁麻疹と言いますが、蕁麻疹が出た時に食べた食べ物や触れたもの、環境などを細かく思い出してみるのはとても大事なことです。
ただ、それらが原因でない場合もあるようです。
更年期症状の1つとして蕁麻疹が出ることもあります。
更年期と聞くと、のぼせや多汗や気分の落ち込みなどを想像するかもしれませんが、エストロゲンの減少によって、蕁麻疹がでることもあるようです。
エストロゲンの減少で免疫が下がり、他にも様々なアレルギー症状がでてくることがあります。
蕁麻疹は、ご存じだと思いますがヒスタミンが脂肪細胞から多くでることで、血管の外にしみでた血漿成分によって皮膚が膨らみます。
その為、ヒスタミンの働きを抑えることができれば、症状を改善できます。
ここで、その効果が得られる抗ヒスタミン剤が必要になる訳です。

スポンサーリンク

抗ヒスタミン剤は多くの種類はありますが、効果を期待して、通常アレグラはよく処方される薬のようです。
特に車の運転をする方や、仕事で眠気を起こさない作用の薬を選ぶとすると、アレグラは使いやすい薬かもしれません。
抗ヒスタミンとしての効果は高いのですが、眠気を起こす作用は抗ヒスタミン薬の中でも、かなり少ないからです。
また、効果が高いだけでなく安全性も高く抗炎症作用があるので、服用すると症状の悪化を防ぐことが期待できます。
その為アレグラは、他にもアレルギー性鼻炎や湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚のかゆみなどにも効果があるようです。
穏やかに効く作用もアレグラの特徴です。
ただ、市販のアレグラもあるようですが、安全性や効果が高いと言っても、自分の判断だけで飲み続けるのは避けた方が良さそうです。
病院を受診して、原因となっているものが分かることもあります。
症状がでた場合や繰り返している時は、病院で検査や診察を受ける方が安心が得られます。
更年期症状の1つとして、で蕁麻疹がでてくることがあるのも分かるかもしれません。
医師や薬剤師からアレグラの効果や作用の説明がありますが、アレグラの効果や作用について詳しく知りたい方は、ネットでアレグラの効果や作用を調べてみると良さそうです。
抗ヒスタミン剤を上手に利用すると少しでも楽に更年期を過ごせそうです。

スポンサーリンク