タリオンの蕁麻疹への効果と作用について

スポンサーリンク

タリオンは蕁麻疹の治療に処方される薬となるのですが、複数ある抗ヒスタミン薬の中でも子供にも効果があると認められている薬です。
タリオンの作用秩序については、ヒスタミン受容体の阻害作用となります。
蕁麻疹を発症すると、体内では防御反応が起こりヒスタミンが放出されるようになります。
ゆえに、タリオンを服用して、その作用によってヒスタミンを抑えることができれば、蕁麻疹の症状を治すことができるというわけです。
 タリオンの蕁麻疹に対する効果は非常に高く、蕁麻疹以外にもアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎にも、その作用秩序によって改善効果を期待することができます。
タリオンは服用後、30分から1時間後に効果が出るとされています。
そして、効果の持続時間は12時間以上継続します。
通常、タリオンは1日2回の服用となりますので、1日2回服用することによって1日中効果が持続するのですが、年齢や蕁麻疹の症状などによって適宜増減します。

スポンサーリンク

 タリオンは医師の処方せんが必要な薬となりますので、市販で購入することはできません。
前述しましたように、作用秩序はかゆみ物質であるヒスタミン受容体の阻害となりますので、副反応として眠気の症状を伴います。
この副作用は、すべての抗ヒスタミン薬に通じるものとなります。
 抗ヒスタミン薬の中でも、タリオンは比較的眠気の少ない薬となるのですが、副反応の出方には個人差があります。
眠気以外の副反応については、口の渇きや吐き気、胃痛、下痢、倦怠感などが挙げられます。
もっとも代表的な副反応は眠気となりますので、車の運転や高所での作業、機械の操作を伴う仕事を行なう場合には注意が必要です。
 病院で蕁麻疹の処方されたタリオンの効果が感じられず、市販の抗ヒスタミン薬を同時に服用される方がいらっしゃいます。
同時に服用すること自体は禁止されてはいないのですが、同じ作用秩序の薬となりますので、相乗効果を期待することはほとんどできません。
もしも処方された薬があまり効かない場合には、市販薬を併用する前に医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク