ストレスが原因で起こる腕の蕁麻疹について

スポンサーリンク

更年期に起こる症状として多く聞かれるのは、ホットフラッシュや頭痛、不眠、イライラなどが挙げられます。
更年期障害は閉経が近くなるとともに起こるホルモン変動によるもので、多くの女性が経験するものとして知られています。
治療は婦人科で行われており、減少する女性ホルモンを補充する治療法が一般的です。
女性ホルモン剤を使った治療が体質に合わない場合、漢方薬やそれぞれの症状に合った薬が処方されます。
更年期の症状が皮膚に出るケースもあります。
原因は更年期によるストレスなどが考えられますが、腕に蕁麻疹ができる症状もその一つとして挙げられます。
腕に出る蕁麻疹の症状は、すべての方に起こるわけではありませんが、更年期のイライラがストレスとなったことが原因で症状が出るケースがあります。
蕁麻疹は強いかゆみや発疹がでますので、そのことが更にストレスとなることがあります。
症状が出たら、婦人科か皮膚科で速やかな診察をすることが有効です。

スポンサーリンク

ストレスが原因の蕁麻疹は、原因となっているストレスを取り除くことにより症状が改善するケースがあります。
腕にできる蕁麻疹も、上手に原因となっているストレスを解消することで徐々に症状がでにくくなりますので、日頃から軽い運動をするなどリフレッシュできる方法を用意しておくのが良いでしょう。
腕の蕁麻疹には、ステロイド剤が有効です。
ステロイド剤は皮膚科や婦人科で処方してもらうことが可能で、ストレス性の蕁麻疹にも効果があります。
腕の蕁麻疹を放置すると、掻き壊してしまい跡が残る原因となることもありますので、症状が出た場合は適量を腕のかゆみが出ている部分に塗り、日中は紫外線に当たらないようにするなどの注意が必要です。
ステロイド剤は強いかゆみや湿疹を強力に抑える効果が期待できますので、ストレスが原因で頻繁に腕が痒くなるといった症状がある方には有効な薬です。
ドラッグストアでも購入することができますので、薬剤師に相談すると良いでしょう、スポンサーリンク