蕁麻疹は更年期が関係していることも

スポンサーリンク

蕁麻疹は突然皮膚が腫れたり、かゆみが起こる症状です。
少しのかゆみでも、?いてしまうことでかゆみと赤みが広がるのが蕁麻疹です。
急性皮膚病の一つで、うつったりすることはありませんが、ほとんどの場合が原因不明であるといわれています。
蕁麻疹と関係のある原因として、食品や植物、昆虫、ハウスダスト、薬などのアレルギー性のものや、病気が関係していると考えられるものがあります。
また、運動や汗、ストレスや疲労が関係しているともいわれています。
その他に、更年期が関係していることもあります。
更年期とは、40代後半から50代後半ごろの年齢を指します。
この更年期の時期に起こる体調不良を更年期障害と呼んでいます。
特に女性が体調不良になることが多いのですが、それは閉経を迎えるにあたり、女性ホルモンのバランスが崩れるからです。
更年期が蕁麻疹に関係しているといわれているのは、女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少することにより、肌の水分や油分が減って、肌のバリア機能が低下してしまうからです。

スポンサーリンク

また、更年期は自律神経のうち、交感神経が優位になることが多くなるといわれています。
ちょっとした外部からの刺激にも皮膚が反応してしまうことから、蕁麻疹や湿疹が起こりやすい状態になっています。
年齢を重ねると肌の乾燥が進み、肌の薄い部分は乾燥がひどくなります。
できるだけ皮膚が乾燥しないように、スキンケア、特に保湿を心がけましょう。
また、更年期は冷えにも弱くなり、冷えると痒くなる寒冷蕁麻疹も出やすくなってきます。
症状が出るのは寒さが関係しているので、寒冷蕁麻疹の場合は、かゆい部分や体全体を温めるのがおすすめです。
このように、蕁麻疹は更年期と関係して起こることがあります。
基本は、肌を乾燥させないように保湿ケアを行います。
また、蕁麻疹は疲労やストレスにより免疫機能が低下することによってひどくなることがあります。
食事のバランスや良い睡眠を取るなど、生活習慣を見直すことで症状を改善したり、予防することができます。

スポンサーリンク