更年期は生理が少ない時期が続くような時期に起こります

スポンサーリンク

更年期は、卵巣機能が衰え始めて、女性ホルモンの分泌が少なってくる、閉経前後に起こると言われています。ですから、ここのことろ生理の量が少ない、と感じるような時期も、当てはまります。
多くの方が、更年期障害の症状に悩まされますが、個人差も大きいです。
ホルモンバランスの乱れが原因で起こる、自律神経失調証の一つで、精神的や心身的に不調をきたします。
ほとんど症状もなく終わる人もいますが、中には、ホットフラッシュという突然の大量の汗が出る症状や、のぼせやほてり、めまいや身体がだるいなど、様々な症状が合現れます。
精神的には、イライラしやすくなったり、鬱状態になったりする人もいます。
睡眠障害を起こす人も少なくありません。

スポンサーリンク

そのような症状の対処法としては、まずはできるだけストレスを溜めないということです。
ストレスを発散できるような、自分に合った方法を見つけます。
また、食事にも気をつけ、特にビタミンEは、ホルモンのバランスを整える効果があるので、食事に取り入れるようにします。
また、婦人科を受診するのも、症状をかんわするのに効果的です。
症状にあわせて、ホルモンを補充する治療をしたり、漢方薬を処方したり、精神安定剤を処方されたりします。
そして、このような症状は、女性だけではなく、男性にも起こります。
男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンが減少することにより、同じような症状が起こる場合があります。
また、時には若い方にもこのような症状が起こることがあります。

スポンサーリンク