更年期の足のむくみの症状と対策

スポンサーリンク

更年期の方の大半の人がかかる物で足のむくみがあります。
若い方でも足のむくみというのは経験するのですが、これとは全く別の問題になって来ます。
またこの足のむくみ関しては男性も女性も関係なく症状が出ます。
ですので、更年期の症状というのは女性特有のもの!と言う考えは良くないんです。
この足のむくみというのは、更年期に差し掛かってくる40代にはいってから症状が現れ始めます。
この原因というのはホルモンになります!!
男性にしろ女性にしろ、40代を超えるとホルモンの生成が格段に減少します。
このホルモンの減少により、血の流れが悪くなると言うことがあります。
血行が悪くなるのと共にリンパ液にの流れがわるくなるということもあります。
血行が悪くなることで体の中でも一番低い位置にある足部分には老廃物が貯まります。
正常な状態ですと、この老廃物は血液に乗って体外に排出されるような仕組みなのですが、
血行が悪いことで十分に老廃物を運びきれなくなりだんだんと蓄積して行きます。
これを防ぐのは運動を行うのが一番いいと思います。
特にデスクワークをされている方では、運動不足が慢性的になり、血行が悪い方が多いのでこの足のむくみが多くなります。

スポンサーリンク

その他にも、マッサージを取り入れて見てください。
お風呂やお風呂上がりにマッサージを取り入れるだけで老廃物を血液に送り込むことができて、症状が改善していきます。
また寝る際にも、足を上げて眠ると足の部分が高くなるので、老廃物を送り出しやすい環境を作ることができます。
血行があまりに悪くなると、足にコブのような物ができてきます。
この場合には足の血管が詰まっているおそれも有ります。
もしも動脈硬化からくるむくみだった場合ですと、最悪のケースだと足が壊死することも考えられるので、注意が必要です。
いずれにしろ、足にコブができている状態は非常に危険な事が予測されますので早期に病院での検査、治療、または相談をして改善させるよう努める必要があります。

スポンサーリンク