更年期の胃腸の不調を改善したい!

スポンサーリンク

更年期障害の症状といえば、精神不安定や、頭痛、吐き気、ほてりといった事ものがあげられます。
更年期障害の原因はホルモンのバランスの乱れが引き起こしています。
またこのホルモンのバランスが崩れることで自律神経に異常を起こすことがあります。
そしてそれが体全体に症状を引き起こして行くことになります。
この症状の一つとして胃腸に異常を来すことが有ります。
今回は更年期障害にかんする、胃腸の症状について解説をしていきたいとおもいます。
更年期障害に関する胃腸の症状は、胃の場合ですと、胃のむかつきや、胃が重い、吐き気を感じるといった症状が表れます。
腸に関しては、下痢を起こしたり、逆に便秘がちになることが有ります。
この胃腸の症状に関しては、通常の生活の中でも、よくある症状なので、本人や周りの方が気付きづらい事が多いです。
また更年期障害の方ですと、胃腸の機能が低下してくることも確認されています。
この場合、食事を食べる量が減少すると言った事も出てきます。
食事の量が減ることで、栄養のバランスが崩れます。
これにより、ホルモンのバランスがよけいに狂ってきてしまうと言うことがあります。

スポンサーリンク

食事の量が減ったと感じたら、食事に消化のよい食べ物を取り入れてなるべく栄養バランスの崩れた食事をしないようにしてください。
またサプリメントなどで栄養バランスと整える事で症状の改善に繋がることもあるので栄養バランスを重視してみるといいと思います。
サプリメントの服用で注意をして頂きたいのが、現在、服用している薬と併用して飲むことが出来るかと言うことを確認してみてください。
薬の種類によってはサプリと一緒に飲むことで、薬の効果が薄れてしまうものがありますのでご注意願いたいと思います。
栄養をしっかりとるということに併せて運動を取り入れてみてください。
1日、30分から1時間程度のウォーキングもしくはランニングを生活に取り入れてください。
こちらは自分の体の体調によって回数を決めてみてください。

スポンサーリンク