更年期の生理の長引きについて

スポンサーリンク

更年期を迎えた40代から60代までのなかで、生理が長引くという症状が有ります。
普段だと5日から1週間もすれば収まるのですが、更年期に入ると、長い場合ですと2週間を超えて出血が続くということが有ります。
今回はこの長引く原因について説明をしていきたいと思います。
女性が閉経を迎えるのは、個人差も有りますが、50歳ぐらいと言われています。
そして、この閉経を迎えるまでには今までとは違い症状がいくつか現れてきます。
生理が早まったり、遅くなったり、又は、大量の出血を伴う症状、そして長い期間出血が止まらない、逆に出血の量が減少するといった事があります。
これは更年期に入ることで女性ホルモンであるエストロゲンが減少しているのが原因なのですが、これに併せて血行が悪くなっていると言うことがあります。
エストロゲンが減少することで自律神経に異常が起きます。
これにより、血行がわるくなり、生理のサイクルや、症状に影響を与えると言うことになります。

スポンサーリンク

この症状を抑えるためには、運動を取り入れると言うことと栄養バランスを整えると言うことが大事なってきます。
またサプリメントなどで、女性ホルモンの手助けをしてあげると言うことも大事になっていきます。
この症状は、閉経を迎える物でだれもが経験することなので、あまり深く考え込まないようにしてください。
詳しくは病院の医師に相談をすると助言や治療にかんしての手助けを行ってくれます。
病院でホルモン値を図ることで、治療をするかどうかの判断もしてくれるので、ぜひ利用してみてください。
また出血が長く原因としてはガンの可能性も考えられます。
ガンも更年期の症状同様に出血が長く続く事が有ります。
不正出血が長く続いている場合にはガンの可能性があります。
また不正出血が続いている場合にはガンも進行している可能性も十分あります。
そのため、違和感を感じたら早急に病院での検査を行って頂き、早めの治療を行うことをオススメ致します。

スポンサーリンク