更年期障害のイライラ家族の付き合い方について

スポンサーリンク

更年期障害ということで、更年期障害の方は性格にムラが出てくる事があります。
この更年期障害の症状というのは当事者しか、症状はわかりません。
また本人には自覚がないのが、ほとんどなのですが、周りにヒステリックな対応をしてしまったり、まわりに当たり散らすという事がまれにおきることがあります。
その他にも、鬱症状に似たこともあり、急に泣き出したり、落ち込んだりといった事も症状により表れてきます。
これはなかなか改善することはむずかしいのですが、本人の他にも、周りの方もこの症状にたいして理解を示す必要があります。
特におおいのが、母親とのコミュニケーションが上手く取れないといった悩みが数多く有ります。
この更年期障害の方との、接する方法について説明をしてきます。
更年期障害の方は、精神不安定の状態なので、ちょっとしたことで気分が変わってきてしまいます。

 

人間というのは、人の言っている言葉を受けて入れてしまうと言うことがあります。
これにより家族や人間関係に溝を作ることがあります。

スポンサーリンク

そのため、言葉を受け取る方は更年期障害の方が言うことを真に受けてないというのが、重要になってきます。
特に、自分に取って身近な人間というのは、人間関係の壁もないので、その言葉を素直に受け取ってしまう傾向にあります。
そのため心に受ける傷もでかくなります。それを最低限に抑えるためにも、この人は病気で苦しいんだ。病気の症状なんだ。と理解を示して受け流す事を習慣づけしてみてください。
他にも、病院に行くと言うのがだいじなのですが、この際、ご家族の方も病気の理解を深めるためにも、なるべく付き添ってください。
そして、この原因が、更年期によるものなのか、また治療に関してどういった事をするのか、お互いが理解をすることで、互いの関係に溝を作ることを防ぎます。
ここで注意して頂きたいのが病院に連れて行く事を焦らないということです。
というのは症状の一つに、鬱症状に似た傾向のものがあります。
ですので、本人が行きたくないと言っているのに無理につれて行く事はひかえてください。
更年期障害の方と一緒にいるのは辛いのですが、本人が後ろ向きな状態であると、病院での治療に理解を示さないと言うこともあります。
ですので、周りの協力や、機嫌が上向きな状態の時を選んでみるといいとおもいます。

スポンサーリンク