更年期による高血圧とはどのようなものですか?

スポンサーリンク

更年期を迎えると様々な症状がありますが、その一つに高血圧があります。
これは、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで発生します。
また高血圧の他にも、骨粗鬆症やコレステロールの上昇といった症状が起こります。
骨粗鬆症は閉経をしてから急激に進行が始まることがあり、このころに骨粗鬆症の治療をおこなう人もいらっしゃいます。
血圧などに関係して更年期の症状として、ほてりとのぼせの症状や、肩こり、動悸、そして高血圧といった症状があげられます。
この症状のそもそもの原因はエストロゲンの減少になるのですが、エストロゲンの現象から、自室神経の働きに異常をお越します。
これにより、血圧に関わる症状と言うのがおきます。
この自律神経は、血圧にかかわることをコントロールする機能を持っています。
そのため、自律神経に異常が起こると、全身に様々な症状が現れるようになります。

スポンサーリンク

婦人科的には更年期障害の治療は、ホルモン補充療法が強調されます。ホルモン療法は骨粗鬆症を予防するだけでなく、女性ホルモンを補うことによって、脳からの命令ホルモンのくずれを是正するという根本治療であることがお分かりいただけると思います。
内科的には更年期の三角関係が自律神経のバランスのくずれという観点から、抗不安薬や自律神経調整薬を使用すると、これらの症状が改善するのをよく経験します。

 

更年期の女性に起こりやすい高血圧について少し詳しく説明したいと思います。
40歳代前半まではむしろ血圧が低かったのに、更年期前後から急に血圧が上がった という方は少なくないでしょう。この時期の高血圧症は変動しやすく、気分良く落ち着いていると血圧は低いのに、首筋が重くなったり、どうきやほてりを感じるために血圧を測ってみると、びっくりするほど血圧が上がっていて、不安感のためにさらに血圧が上がってしまった ということが多くあります。
人によっては少しの緊張から高血圧になるという症状もあります。
更年期の高血圧というのは、安定していることが少なく、平静時にはさほど、血圧に異常が起こるということはありませんが、なにかしらの興奮状態や多少動くという事がスイッチになり症状が表れます。
常に血圧の数値が高い場合には、高血圧と、動脈硬化といった症状が考えられますので、その場合には病院での検査を受けてみてください。

スポンサーリンク