更年期の蕁麻疹に漢方の効果は?

スポンサーリンク

更年期の症状によって蕁麻疹が引き起こされるということがあるのをご存知ですか?
意外という意見が多いかもしれませんが、実際にこの症状があるのも事実です。
蕁麻疹と言えば、大抵が、アレルギーのような拒否反応から起こるものと考えることがおおいです。
では更年期による蕁麻疹の発生に付いて説明をしてみたいと思います。
更年期の蕁麻疹の発生について、考えられる事としては、一般的に蕁麻疹を起こす原因と類似している部分があります。
たとえば、食物アレルギーや、アレルギー物質が患部に付着、触れるといったこと、また薬との相性が悪く拒否反応としての蕁麻疹や肌が刺激を強く受け取ってしまうと行ったことがあります。
更年期症状がになることで、女性ホルモンの現象から、ホルモンバランスがくずれてしまうのですが、この際に、免疫力が低下してしまいます。
このことで、いままでは特に問題がなかったことでも体が過剰に反応をお越してしまい
蕁麻疹が発生するということです。
そこでこの蕁麻疹の対策としていくつか挙げられることは、まず根本である原因を改善していくことが大事になります。

スポンサーリンク

病院ではホルモン治療が行われますが、個人でも出来ることのなかに、適度な運動があります。
そのほかにも、漢方をしようすると言う方法があります。
漢方というのはご存知だとはおもいますが、東洋医学の薬にあたるものです。
体の自然治癒力を高める効果があり、現代でも幅広く使用されています。
現代で言い換えると、サプリメントに近いものかもしれません。
漢方を使用して、体の治癒能力を高めるのもそうなのですが、原因であるホルモンバランスの調整と免疫力の低下を防ぎ、免疫力を回復させると言うことが、個人差はありますが、漢方の組み合わせによりあるそうです。
症状の原因である、ホルモンと免疫力を改善することで、更年期の症状をいろいろと改善できるということが期待できます。
治療法のひとつの手段として、漢方治療を取り入れてみるのもいいかもしれません。
またサプリメントも栄養バランスなど、症状改善の手助けとして利用してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク