更年期の生理による吐き気、頭痛

スポンサーリンク

更年期というのはいろいろと症状がおこり、非常に辛い時期でもあります。
その症状のなかに、頭痛と、吐き気があります。
この症状問いうのは、日常生活でのなかもで起こりうる場面が多いので、更年期の症状なのかどうかという判断がしずらいものがあります。
更年期障害からなる、頭痛というのは、普通の場合とは違い、頭痛単体、吐き気単体と言うように症状が1つだけで起こるということはまずありません。
そのため、他にも、動悸や息切れ、ほてり、のぼせ、めまいといった他の症状も合わせて起こります。
年齢を考えてみると、たとえば頭痛の場合ですと、頭痛単体の場合には他の病気として、脳出血や、脳梗塞の前触れということの可能性も考えられます。
また他にも、デスクワークなどの方でも肩こりや、目の疲れといったことから頭痛が発生するとうことも考えられます。

スポンサーリンク

また偏頭痛などもその一つとして考えられます。
偏頭痛は女性の方に多く発生するのでうすが、これは年齢関係なく起こる症状でありますので、頭痛だけの症状があった場合にはこれらの事が考えられます。
そうすることで頭痛を止めることができます。
また吐き気と頭痛が起こる場合に考えらるのが、「月経困難症」というものです。
これはいわゆる生理痛のいっしゅなのですが、生理により起こる症状と類似しています。
この月経困難症といのは年齢を重ねるごとに症状が収まってくるのですが、更年期のホルモンバランスの崩れから症状として表れることもあります。
またホルモンバランスの崩れにより、貧血や極度のめまいも並行して起こることもあります。
これにより、頭痛と、吐き気というものが一緒に起こる可能性がありますので、そちらも考えてみてください。
更年期による症状もさまざまなのですが、生理時もしくはその前後に頭痛、吐き気が単体で起こる場合には更年期障害と言い切れない部分があります。
もしも、他にも多数の症状があると自分で自覚した場合には、更年期障害の可能性否めませんので、病院でしっかりと検査をして自分の体と向き合ってみてください。

スポンサーリンク