更年期にはお腹がでるの?

スポンサーリンク

年齢も30後半に差し掛かると、徐々に新陳代謝が落ちてきますよね。
また運動をしたいけど体を動かすことが億劫になってきてしまうものです。
このせいで、カロリー消費が摂取カロリーを下回り徐々に体重が増加して、プロポーションが崩れてきてしまいます。
そして、だんだんと肥満体質に変わって来てしまうということは、よくあるお話で貼るのですが、40後半から、50代に入ることで、この症状もただの肥満ではなく、更年期障害による症状である可能性があります。
50歳になりお腹がポッコリと目立ってしまう。
これは実は、新陳代謝の減少だけが原因ではないんです!!
更年期はというのは閉経を迎えるである40代半ばあたりにあたります。
この辺になると、自律神経の乱れが現れ始めます。

スポンサーリンク

これはホルモンバンスの崩れも関係しているのですが、このホルモンバランスが崩れると、同時に代謝も極端に落ちていくと言うことがあります。
そのため、30台は代謝が落ち、40台は脂質が溜まっていき、50台は肥満体質、もしくは痩せていた方も太ってくると言うことがあります。
特にお腹というのは脂肪分を貯めやすい部分であり、かつ落としずらい部分でもあるため、年齢だし、仕方ないか!と感じている人がけっこういます。
このようになると、更年期障害の症状としてとらえ始める必要が出てきます。
また、この更年期障害を予防するために出来ることは、食生活と運動になります。
更年期障害というのは、代謝が落ちるだけではなく、体や心にまで影響を起こす病気です。
そのため、自分の体に異変を感じたら、意識を変えて、少しずつでも運動を行う習慣を取り入れてください。
60歳、70歳をすぎても健康で元気で過ごすためには、更年期での症状を緩和、改善する必要があるので、今からでも遅くありません。がんばって行きましょう!

スポンサーリンク