更年期の卵巣の腫れで考えられることは?

スポンサーリンク

更年期障害が起きるのは、個人差はあるのですが、40歳の後半から50歳の半ば当たりの閉経に差し掛かる時期になります。
そして、更年期障害というのは、ホルモンバランスの崩れにより様々な症状が表れます。
動悸やほてり、発熱、や精神的な心の部分にまで症状が広がり、ヒステリックになったり、イライラしたり、感情の起伏が激しい、鬱症状を持っていると、実に多くの症状が表れます。
もちろん更年期障害に関わるすべての症状がでるわけではありません。
しかし、いくつか併合して症状が現れることが多いのも特等です。
これは、閉経にともない、卵巣の機能低下が原因になってます。
また、ここで気を付けるべきなのが、卵巣の機能が低下することにともない、卵巣に変わる病気感染、発症するという症状も増加傾向になっていくということです。

スポンサーリンク

いくつか上げると、子宮筋腫や、子宮がん、子宮筋線維腫、子宮内膜症と様々な病気になる可能性があると言うことです。
卵巣の腫れについても多くの原因が考えられるのですが、特に更年期の時期になりますと、ホルモンバランスの崩れにより、卵巣が腫れるということあります。
これは一時的なもので、あればホルモンバランスが原因でさほど心配する必要はないのですが、炎症が起こった場合にも腫れる事があり、この際に、膿みが溜まってしまうということがあります。
「チョコレート嚢胞」という病気があり、卵巣内に出血がたまり、それが古くなることで、茶色いチョコレートのように見える病気なのですが、これも腫れの特徴があります。
そして、腫瘍が腫れの原因として考えられます。
こちらは組織を採取して、陰性、陽性の確認を行う必要があります。
いずれにしろ、ホルモンバランスが原因で様々な病気に掛かるリスクというのは向上するので、違和感を感じたら医療機関での検査を行うようにしてください。
早期な治療が必要な場合もありますで、自分の体を大切にしてください。

スポンサーリンク