更年期の胸の痛みは肋間神経痛が原因!?

スポンサーリンク

更年期には色々な症状が起こります。
その症状は多岐に渡り、体の表面から、内側、そして精神敵にも症状が表れます。
今回は、その中で神経痛について説明をしたいと思います。
神経痛というのも、症状が多く様々あります。
その中で今回説明をしていくのは、「肋間神経痛」と言うものについてです。
ではこの肋間神経痛とはどのような病気なのでしょうか。
この病気は、肋骨に沿っている神経が刺激することで痛みが起こる神経痛なのですが、今現在まだ完全に原因というのは解明されていないと言うことがあります。
原因は諸説あるのですが、私生活での姿勢が悪い、ウイルスや、運動不足、疲労といったことが原因ではないかと言われています。スポンサーリンク

この症状というのは、特に女性がに多く起こるのですが、その中でも、更年期を迎えた方に多い傾向にあります。
またその中でも、骨粗鬆症という骨がもろくなることでご存知の方も多いと思うのですが、この症状を抱えている方が多いという特徴もあります。
症状としては、胸のはり、痛みがあり、心臓が刺されたようなチクッというような痛みがおこることがあります。
また、呼吸や咳をしただけでも痛みがおこることがあります。
またこの原因は神経の異常がから来ているので、一番、最悪な原因としては「癌」が原因によってこの神経痛が発生しているということもあるので、注意が必要です。
この治療や検査に関しては、整形外科や神経外科に行くのが好ましいです。
ブロック注射や、薬物療法がメインになってきて、これにより症状の改善を見ると言うことがあります。
また、他にも、麻酔科でもこの肋間神経痛について治療を行なっているので、こちらも視野にいれみてください。

他にも、外科手術を行うことで症状を改善できます。
しかし、この病気は再発する可能性があるので、痛みを感じたら早期に治療を行うようにしてください。
また、癌といった他の病気での発症も考えられるので内科でも同時に検査を行い、神経からなのか、内臓器官からの原因なのかしっかりと調べる必要があります。

スポンサーリンク