更年期の生理不順とはどのようなものなの?

スポンサーリンク

女性に多い更年期障害ですが、様々な症状があります。
今回はその中でも特に多い症状として挙げられる「生理不順」について説明をしていきたいと思います。
10代や20代で経験された方もいらっしゃるかもしれないし、また逆に今まで経験をしたことが無いと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、更年期に入ると、生理周期が非常に不安定になりなります。
これはほぼ全員と言っても過言ではないのですが、生理の中の症状のひとつである生理不順について説明をしたいと思います。
まず、正常な生理と言うものについて簡単に説明をしたいと思います。
この場合25日から38日ほどの周期が一般的と言われています。
この周期が、長くなったり、短くなったりするようであれば生理不順となります。
上記にありますが、年齢問わず起こる症状なのですが、特に更年期には頻繁に起こりえます。
だいたい平均的に40代に入る頃に閉経に向けて体が変化を起こすのですが、30代でも症状が起こり始めることがありますので注意が必要です!

スポンサーリンク

この原因というのは、女性ホルモンの減少によってもたらされるのですが、生理には「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンがあるのですが、この2つの減少が生理不順に関わっています。
年齢問わず起こる生理不順ですが、更年期との違いはどのようなものがあるのでしょうか?

・体温の調節が安定しないので、汗が出てり、ほてり、熱っぽくなる。
・衝動的に怒りが起きたり、不安を感じる。またイライラすることが増えたり、不眠がちになる。
・頻尿や関節に痛みが出る。(症状よっては骨粗鬆症の場合があります。)
・物覚えが悪くなったり、忘れっぽくなる。
・動機や、呼吸が苦しくなることがあり、ダルさ、疲れやすいと感じる。

これらが更年期の特徴ではあるのですが、他の病気の可能性もありえますので、医療機関での診療をオススメ致します。これらの症状を抑えるためにはどのような事が出来るのか?

医療機関では、ホルモン治療を行うことで減少したホルモンを増加させることで対処します。
個人で行うことは、バランスのいい食事と摂取する。
睡眠をよく取る
ストレスを溜めない。解消法を見つける。
1日30分程度でいいのでウォーキングなど軽い運動でもいいのでおこなう。

こういった行動の積み重ねにより症状が改善されたり、緩和しますので、できる限り努力をしてみてください。

スポンサーリンク