更年期の生理がとまらない症状とその他の症状について

スポンサーリンク

更年期というのは、閉経に向けての準備の為に生理に関して多くの症状が起こります。
また、そのほかにも、体全体に症状をお越したり、精神的にも様々な症状がおこることが多いです。
今回は、「なかなか止まらない生理」に付いて説明をしたいと思います。
通常の生理というのは、その時の体調や、個人差によって異なるのですが、大抵が「3日〜・7日」ほどで終わります。
一週間を超えて8日目に入ろと、「過長月経」という事になります。
この際に、なんか病気とか問題があったのかな?と不安になったりすることもあるかもしれませんが、個人差や体調によって異なることなので必ずしも問題があるというわけではありません。
この一番も問題というのは「ホルモンバランス」になります。
これはストレスや体の疲れと行ったものが原因として多く見受けられます。
この場合ですと、たいていは産婦人科で止血のお薬をいただく場合が多いです。
今回はこのホルモンバランス以外の症状に付いて触れてみたいと思います。
子宮筋腫

子宮筋腫というのは子宮の筋肉にできるの腫瘍のことです。
40代の女性では4人に1人が起こるほど身近な病気でもあります。
この筋腫の形状や向き、大きさにより症状と言うのが異なってきます。
そのため、小さくても出血が多かったり、出血が長い間続くという症状が起こります。
この症状により、息切れ、貧血や、めまい、動悸という症状が起こります。

スポンサーリンク

子宮内膜症

この子宮内膜症というのは、子宮内膜の組織が本来の位置とは異なり、子宮の外側に出来rことで起こる病気です。
通常の生理ですと、剥がれ落ちて、体の外に排出されるのですが、排出がされないことにより、周辺の組織と癒着してしまったり、血腫として残ってしまいます。
生理痛や出血がなかなか止まらないと言うことがあります。

更年期障害

これは女性ホルモンバランスのひとつですが、女性ホルモンが減少することで、生理が長くなったり、短くなったりと言うことがあります。
また、不正出血や、子宮がんという場合もあります。

ピルの影響

これはピルの使用によっておこることがあります。
特にピルの使い始めというのは生理が長く続くと言うことがあります。
薬の影響で、本来の血液が子宮の中に抑えられたりという症状がありますが、ピルの服用の回数が増えることで症状が安定して生理不順が収まることが多いです。

スポンサーリンク