月経の様々な症状について

スポンサーリンク

更年期の際に、一番多いのは、生理不順かとお思います。
またこの生理不順も様々な症状があり、不安になることも多いかと思います。
今回はそんな生理のについて説明をしていきたいとおもいます。
月経というのは、通常ですと3日から7日でおわるものと定義されています。
また月経を迎えるまでは25日から38日となっています。
まずはじめに月経が1日から2日ほどで終わってしまう。
これを「過短月経」と言います。
月経の日数が短いと言うことと、出血が少ないと言うことが特徴となっています。
この場合ですと、不妊症の原因となる可能性があるもしくは病気が原因の可能性が考えられます。
また、着床時出血といって、受精の際に、多少の出血を伴うのですが、これが、月経と重なることで多少の出血をする可能性があります。
8日を超える月経の場合「過長月経」となります。
妊娠の可能性がもしくは、流産の際におこる可能性があります。
また、ホルモンバランスが崩れることで、更年期でもよく起こるのですが、ストレスや、体の疲れによりおこることもあります。
また、出血が多い場合には、子宮筋腫や子宮内膜症という病気の可能性があります。

スポンサーリンク

特に更年期ですと、病気なのか、ホルモンバランスが原因なのか個人での判断が難しいので医療機関で検査を行うようにしてください。
月経の周期が早く24日以内に次の月経を迎えてしまう「頻発月経」
こちらは、すぐに月経が続いて起こるのですが、排卵する場合と、無排卵の場合とががります。15日程度の短い周期の場合には、無排卵の場合が多く、多い方ですと、月に2回から3回の周期でくる事が多く、貧血の症状を起こすことが多いです。
次や逆に39日を超えての月経の周期の場合ですが、「稀発月経」と言います。
こちらも、更年期では起こる症状で閉経を迎える際におこることがあります。
続いては、出血が多い月経なのですが「過多月経」と言います。
大量の出血が3日を超えて起こる場合や、レバーのように塊が出るというのが特徴になります。原因としては、ストレスや疲れが原因とされており、貧血がおこることがあります。
次は出血量が少ない「過少月経」というものです。
こちらは、出血が少ない事と、茶色のおりものていどの出血が特徴です。
こちらも更年期の症状として起こるのですが、月経の期間も2日程度で終わることが多いです。
これらの症状は更年期のみならず、日常生活でも起こることなのでなかなか更年期かどうかの判断が難しいと思います。
生活の乱れやストレスなのか?または更年期による症状なのか?自分の生活を振り返ってみて普段の生活でのいじょうであれば、更年期や病気の可能性も考えられるので医療機関での検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク