甲状腺肥大の治療方法ってどういうものがあるの?

スポンサーリンク

甲状腺の病気というものは、女性に多くみられる疾患です。
これは、更年期障害も同じなのですがホルモンバランスに関わる病気というものは女性に多く発生します。
甲状腺というものは、首元にありますが、日常生活で触っていても違和感を感じるということはまずわからないと思います。
甲状腺が肥大した時に初めて、わかりやすく認識ができるということがあります。
甲状腺はホルモンを作っているのですが、「新陳代謝」をコントロールする甲状腺ホルモンというもので、新陳代謝を高めたり、発熱を促すことで、体温を上げるといった働きを行っています。
甲状腺が作り出すホルモンの量が多過ぎたり、または逆に少なすぎたりすると体に様々な症状があらわれてきます。
その中で多いもというのが「機能亢進症」というものになり、逆に少なすぎることで「機能低下症」となり寒がりになったり、便秘や皮膚の乾燥、また子どもが発症をすると、発育に大きな影響を与えてしまうことがあります。
そして知能の発達、体の成長が遅れてしまうということがあります。

スポンサーリンク

甲状腺が肥大する病気は3つに分けることができ、上記にも記載がありますが、「機能低下症」「機能亢進症」「甲状腺肥大」となります。
この甲状腺の治療に関してはホルモンを薬物療法として補ってあげて、補完してあげることです。
これにより、ホルモンが足りない場合に、ホルモンを摂取することで体を正常に機能させることができます。
続いてが、「アイソトープ治療」と呼ばれるものです。
こちらは、主には甲状腺ホルモンが過剰に作られている場合に行うのですが、こちらも薬物療法になります。
このアイソトープ(放射線ヨウ素)を摂取することで、甲状腺の細胞数を減少させて、甲状腺の生成を抑制し基準値まで減少させるというものです。
放射線という言葉が入っており、怖いという人もいるかもしれませんが、この場合のものは、抗がん剤のように強い副作用はなく、むしろ副作用はあまりないといえます。
また、悪性腫瘍が原因による肥大の場合にもこのアイソトープにより治療を行います。
そして、症状によっては甲状腺を摘出するという方法をとることがあります。
摘出に関してですが、決して悪性腫瘍だけではなく、亢進症、機能低下症の場合でも敵手を行うことがあります。
これは医療機関で医師の判断になるため一概にこの場合には…という事は言えないため、主治医の方にご相談をされるのが好ましいかと思います。

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺肥大の原因とは?「ヨード?悪性腫瘍?」
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺肥大の原因の種類とその症状とは!?
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺の病気の種類について説明をします。
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺の腫れはストレスが原因!?
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺とストレスには関係があるの?
更年期障害など更年期について解説します。
男性の「甲状腺機能亢進症」の症状ってどういうものがある?
更年期障害など更年期について解説します。
「甲状腺腫大」の分類について説明をします!
更年期障害など更年期について解説します。
「甲状腺腫大」の症状には特徴ってあるの!?
更年期障害など更年期について解説します。
「甲状腺」の病院は何科で検査、診察をするの?
更年期障害など更年期について解説します。
「甲状腺腫大」がおこる原因って何!?
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺の石灰化の症状と原因
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺機能低下症のダイエットを成功させる方法とは
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺ホルモンを増やす方法とは
更年期障害など更年期について解説します。
甲状腺の石灰化と良性について
更年期障害など更年期について解説します。